携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01            ★レッドクリフ PART2★

先立て、レッドクリフ PART2 の試写会を私スタッフは見てまいりました。
その際に、監督であるジョン・ウー監督の映画での冒頭の言葉に感銘しました。
その文面を下記に載せますまので、宜しければご覧下さい。

                    ~親愛なる日本の皆様~

私たちが暮らしている今は、過去に生きた人々の勇気ある行動が積み重なってできてきました。

世界的不況・不信の時代だからこそ、一人一人の決断で今を変えて新しい未来を作りましょう。
               
               みなさんがそれぞれの「奇跡」を起こす時です。
                       
                        未来に勇気を。
                     
                       Imagine Future.


という内容でした。私はこの映画を通じ、ジョン・ウー監督の考えがすばらしいと思いました。
同じ文面を見ても、考え方は人それぞれです。何が良い悪いということではありません。
私は、自分自身がなぜ生まれ生きているのか考えることがあります。
そんな時に、平凡な家庭を築いて楽しい生活を送り人生を終えたいなと思います。
皆さんも、そう考える方が多いかもしれませんね。
でも、人生とは何が起きてどうなるかわかりません。それは、いつの時代どんな時もそうだと思います。
そんな時に、今回のジョン・ウー監督の文を見て改めて思い直したことがあります。

『未来に勇気を。』という言葉があるように、自分が生きた証は未来に生きる人なんだと思いました。
私は精神的に未熟なせいか、祖先や先祖を心の中で軽視してる部分がありました。
でも、それではいけないなと思いました。
過去の人たちの想いが、今に繋がり、そして私たちは今という時間を生きる中で、止まらぬ未来へ『想い』や『考え』を伝えることが、生きた証であり歴史ともいえるのではないかと考えます。
現在、日本では結婚をする人が減っており少子化も進み社会的に問題です。
でも、私は先ほど申したように『想い』や『考え』は人に伝えることが出来ます。
それは、自分の子でなくともです。
私どもの代表が言っておりましたが、子を育てるように人に教え育てることは その人自身の考えとか行動などを伝えることであり『生きた証』を継承すること。と言われたことです。
若干、言い方が代表の通りではありませんが、未来のために今を一生懸命生きて大切に人生を過ごそうと改めて想う、『きっかけ』になりました。

皆さんも、どうぞ連休を楽しんでお過ごし下さい。
それでは!

共に立会い、共に見送る 看取りからフューネラル(葬儀・葬送)のスペシャリスト
Lin MC Group Co.,Ltd.


オフィシャル(リンMCグループ)
http://lin-mc.gr.jp/

区民葬・市民葬.com
http://kuminso-shiminso.com/

葬儀・相続・散骨相談センター(S3)
http://info-s3.biz/

無宗教葬.com
http://mushukyoso.com/
[PR]

by lin-mc | 2009-03-21 21:24 | フューネラル

<< 色とりどりの☆              ★セ... >>